WiMAX2+とポケットwifiの違い~キャンペーンとおすすめと比較

WiMAX2+も今はポケットwifiのひとつというのが世間一般の認識でしょう。

・・・しかし厳密に言うとWiMAX2+であってポケットwifiではありません。

つまりWiMAX2+はWiMAX2+なのです。
WiMAX2+のモバイルwifiルーターということなのです。

おそらくポケットwifi=モバイルwifiルーターという認識をしていることからそういった誤解みたいなものが生まれるのだと思います。

ポケットwifiとモバイルwifiルーターをごっちゃにしているというのでしょうか。

ただ今現在は正直それでも問題はないと言えばないのですが。

ポケットwifiは元々はイーモバイルの登録商標

ポケットwifiとはそもそもはイーモバイル=現Y!mobileの登録商標で、今現在はソフトバンクの登録商標となっています。
つまりポケットwifiとは単なる商品名でありサービス名であるということです。

であるからしてポケットwifiと呼べるものはY!mobileのモバイルwifiルーターだけなのです。

ただ先に書いた様に世間一般の認識としてWiMAX2+もポケットwifiも同じポケットwifiとして認識されているのが現状となります。

ですのであえて細かく分けるとWiMAX2+のモバイルwifiルーターという言い方が正しいものです。

WiMAX2+とポケットwifiの違いとは

WiMAX2+とポケットwifiの大きな違いはインターネットに接続する為に利用している回線の違いです。

もうひとつ踏み込むとWiMAX2+とは回線の名称であってポケットwifiはサービス名というのが正しいかもしれません。

「WiMAX2+の回線を利用するモバイルwifiルーター」というのが世間一般で使われている「WiMAX2+」という言葉の意味だと思います。

なんかややこしいですよね^^;

ここでは「WiMAX2+の回線を利用するモバイルwifiルーター」=「WiMAX2+」という言葉の使い方をします。

WiMAX2+はWiMAX2+という回線を利用してインターネットに接続するに対して、ポケットwifiはソフトバンクの回線を利用してインターネットに接続しています。

またWiMAX2+(のモバイルwifiルーター)はWiMAX2+(回線)のほかau 4G LTE(回線)も利用することが出来ます。

ポケットwifiは基本的にはソフトバンクの回線のみの利用となりますが、一般的に言うソフトバンクの回線とはSoftbank 4G LTEのこととなります。

でそのほかまた細かいところですがAXGPという回線も利用することが出来ます。

AXGPを利用するとポケットwifiでも通信容量を無制限で利用することが出来ますが、この後にも説明しますがポケットwifiの大きなメリットとなる対応エリアが超絶狭くなります。

ちなみにポケットwifiのAXGPを利用してインターネットを利用する通信モードをアドバンスモードと言います。

それぞれメインで利用する回線から、

  • WiMAX系のポケットwifi
  • LTE系のポケットwifiとか

などと言った呼び方をすることもあります。

WiMAX2+とポケットwifiを考えすぎると本当にややこしいんですよね^^;

あとWiMAXとWiMAX2+も実は違っているんです。

今WiMAXを契約するとWiMAX2+を契約することになるのでそれほど深く考えることもありませんよ。

簡単なところでWiMAX2+はWiMAXの進化版という捉え方や理解で良いと思います。
WiMAX2+とWiMAXを区別する為にWiMAXを無印と呼んだりもしています。

ややこしいですよね・・・^^;

WiMAX2+とポケットwifiのメリットとデメリット

一般的に言われるメリットとデメリットですが、

  • WiMAX2+は高速通信で無制限で利用することが出来る
  • ポケットwifiは通信制限があるがWiMAX2+と比較すると対応エリアが広く地下や室内また地方や田舎でも電波が入りやすい

というところでしょう。

もう少し噛み砕いて言うと、WiMAX2+は高速通信がウリなのはウリなのですが高速通信というのは直進性が強い電波となる為障害物に弱いという弱点があるのです。

しかしポケットwifiが利用するソフトバンクの電波というのはWiMAX2+に比べて通信速度は劣るのですが、その分障害物を避けたり回り込んだりすることが出来る電波となっています。

WiMAX2+と比較するとポケットwifiの電波の方が比較的安定している電波と言えるでしょう。

いわゆるWiMAX2+とソフトバンクの回線の電波の特性です。

とはいえ、WiMAX2+と比較してポケットwifiの方が対応エリアが広いとはいえ、WiMAX2+は今現在も順次対応エリアの拡大が行われているので十分に広い対応エリアとはなっていますよ。

WiMAX2+ポケットwifiの選び方

ですのでWiMAX2+とポケットwifiのどちらが良くてどちらが悪いということでありません。
そういうものなので良し悪しはケースバイケースとなります。

で、これらWiMAX2+とポケットwifiのどちらを選ぶかというところで私のおすすめの選び方ですが、基本的にはWiMAX2+を優先に考えて、電波が入らないというところでポケットwifiまたはWiMAX2+以外の回線を使うモバイルwifiルーターという選び方がおすすめです。

よほどの地方や田舎に住んでいない限りはWiMAX2+で決めてしまって良いと思います。

で、ちなみにソフトバンクの回線を使うモバイルwifiルーター=ポケットwifi(Y!mobile)ではなくて、ポケットwifi以外にもソフトバンクの回線を使っているモバイルwifiルーターもあります。

多くの場合ポケットwifi(Y!mobile)以外のモバイルwifiルーターの方がおすすめです。

その理由は単純にコストパフォーマンスが良いからです。

Y!mobileはブランド力もあるので利用している人も多いですが・・・私はあまりおすすめはしません。

ポケットwifiと同じ回線を利用するモバイルwifiルーター

私が今現在でソフトバンクの回線を使っているモバイルwifiルーターとしておすすめするならネクストモバイルをおすすめします。

かなりコストパフォーマンスが良いからです。

ネクストモバイルには、

  • ギガネクスト20=利用出来る通信容量20GB
  • ギガネクスト30=利用出来る通信容量30GB
  • ギガネクスト50=利用出来る通信容量50GB

の3の通信容量の利用プランが用意されています。

50GBもあれば普通に使う分に十分だと思います。
正直30GBでも十分だと思います。

ちなみに30GBのプランに限りお支払方法は口座振替にも対応しています。
ほか2つの20GBと50GBのプランではクレジットカード決済のみとなっています。

WiMAX2+の選び方はキャンペーン比較がおすすめ

WiMAX2+を取り扱うプロバイダはたくさんありますがどこのプロバイダで契約をしてもほぼほぼ同じWiMAX2+でほぼほぼ違いはありません。

つまりWiMAX2+という回線の比較に意味はないということです。

ですからWiMAX2+のおすすめの選び方はWiMAX2+を取り扱うプロバイダが展開するキャンペーンの違いを比較して選ぶのが私のおすすめの選び方です。

WiMAX2+はキャンペーン選びで利用料金が大きく大きく変わってくるからです。

WiMAX2+選びではキャンペーンがすべてと言っても過言ではないと思います。

WiMAX2+の利用料金をとにかく安く!ということならGMOとくとくBBをおすすめします。

もちろんお支払方法や契約期間やサポートなどどこを重視するかによってWiMAX2+の選び方また変わってきます。

GMOとくとくBBはあくまでWiMAX2+の利用料金を安く使いたいという際に最もおすすめのプロバイダになるというだけです。

まとめ

とWiMAX2+とポケットwifiの違いについてお話しました。

が、実際WiMAX2+とポケットwifiの違いはそこまで詳しく理解していなくても良いと思います。

WiMAX2+とポケットwifiは厳しく言うと違うものなんだな~くらいの理解と知識があれば良いところだと思います。

で、総じてポケットwifiと呼ばれているということを分かっておけばという感じです。

そしてまとめるとやっぱりポケットwifiはおすすめであるということです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Top